www.fundacionrozenblum.org
民事再生という方法はマンション等のローンを含め多重債務に苦しんでいる債務者を対象として、住んでいるマンションを維持しつつ経済面で再建するための債務の整理の方法として平成12年11月に利用できるようになった解決方法です。民事再生は、破産とは違い免責不許可となる要素がなく、賭博などで借りた場合もこの方法はできますし破産申告をしてしまうと業務ができなくなるような業界で生計を立てている場合などでも民事再生は検討可能です。破産手続きの場合は住居を残すことは許されませんし、特定調停等では、元金は返済していく必要がありますので住宅のローンを含め返済を続けるのは実際のところ困難だと思われます。民事再生による処理を選択することができれば、住宅のローンのほかの借り入れについてはけっこうな金額を減額することができますので余裕がある状態でマンション等のローンを支払いつつそれ以外のローンを返済し続けるようなこともできるということです。といっても、民事再生による整理は任意整理や特定調停などと異なりある部分のみの債務だけを除いて処理することはできませんし、破産宣告のように負債それそのもの帳消しになるのではありません。そのほかの処理に比べていくらかめんどうで期間もかかりますので、マンション等のローンを組んでおり住宅を手放したくないような状況以外で破産申告のような他の債務整理ができない場合における最後に考える解決策と考えるのがいいと思います。